生活 美容

日傘の選び方を色・素材・形のポイント別に徹底調査!おすすめはコレ!

投稿日:

夏になると日傘が強くなりどうしても紫外線や暑さが気になるところ。

本格的な夏を迎える前に効果的な日傘をゲットしたいとこですが、そもそもどんな日傘を買えば効果的なのか悩みますよね。

この記事では夏の紫外線や暑さ対策につながる効果的な日傘選び方素材のそれぞれのポイントでご紹介します!

スポンサーリンク

日傘の選び方で色は何が効果的なの?

夏になると紫外線がどうしても気になりますよね。

紫外線は人体に悪影響を及ぼす要素が多く症状は多岐に渡ります。

 

特に女性の天敵である肌へのダメージはシワやたるみにつながり早期老化を引き起こしますので、紫外線を少しでも減らしたいのは当然でしょう。

 

そこで紫外線対策の最強の要となるのが日傘の存在になりますが、日傘といっても山ほどあるのでどれを選べば良いのかよく分かりませんよね。

 

もちろん日傘といっても性能はピンキリなので重要なポイントを説明していきたいと思います。

 

まず大きいポイントとしてはがあります。

 

では何色の日傘を購入すれば良いのでしょうか?

 

過去、紫外線対策としては黒色が良いという話を聞いたことがあるかと思いますが、実はそれってUVカット機能がついていない傘の場合の話なんです。

 

実はUVカット機能さえあれば色は何色でも関係ありません

その為、UVカット性能が100%に近い商品を選ぶのであれば黒色を購入する必要はないんです。

 

むしろ黒色は光を吸収してしまうので時間が経てば暑くなってくるので、光を反射する色の方がおすすめです。

 

ただし、この色の話はあくまで生地の外側の部分を指しています。

外側は白色で光を反射させるのは有効ですが内側に関しては話は別です。

 

 

実は紫外線には「照り返し」と言われるものがあります。

 

この照り返しとは紫外線が地面に当たり反射することで、アスファルトなどの地面だと10%の紫外線が跳ね返っていることになります。

出典:そらが伝える健康とアンチエイジング http://sora-staff.sblo.jp/article/92383950.html

 

 

内側も白色だと照り返しの紫外線が日傘の内側で反射して全身に紫外線を集めることになります。

 

 

その為、上から降り注ぐ紫外線を防いでも照り返しの対策も検討しないといけないのです。

 

では照り返し対策はどうすれば良いのかというと、生地の裏側色になっているものを選ぶことです。

 

裏側が黒色だと照り返された紫外線を吸収してくれるので照り返しの紫外線量を軽減してくれます。

 

 

 

また暑さ対策にもこだわるのであれば遮光性能が高いものを選びましょう。

遮光性能が高ければ光を遮断して熱を逃がします。

 

長時間外で歩くことが想定される場合は暑さ対策に有効な遮光性能も重要です。

遮光率100%に近いものを選ぶであれば白色に拘る必要もないので、自分の好きな柄を選ぶと良いでしょう。

 

おすすめの日傘の色とは

生地の外側は白色で内側が黒色の日傘が紫外線対策と暑さ対策の面で有効

 

スポンサーリンク

日傘の選び方で素材は何が効果的なの?

紫外線対策には色が重要ですが、日傘に使われる素材も非常に重要なポイントになります。

主に日傘に使われる素材は

  • ポリエステル
  • 綿

の3つとなりますが紫外線対策としては綿<麻<ポリエステルの順で効果が高まります。

 

その為、ポリエステルが最も紫外線対策の面で有効です。

 

またポリエステル素材の日傘は比較的安価に購入出来る点も嬉しいポイントです。

 

ただし、ポリエステルのデメリットとして光を吸収してしまう性質があるので、非常暑くなりやすい傾向にあります。

 

暑さ対策も兼ねたいのであれば綿か麻の素材を外と内で二重構造にしているタイプの日傘を選ぶと良いでしょう。

 

ただし、綿や麻は高価格なものが多くなりますが…^^;

 

おすすめの日傘と素材とは

  • 紫外線対策のみならばポリエステル
  • 暑さ対策も兼ねるならば綿か麻の二重構造

 

日傘の選び方で形はどんなものが効果的なの?

通常の日傘の形は円形のタイプが多いかと思いますが紫外線対策の面ではカマボコ形の方が良いです。

理由としてはカマボコ形だとより深く身体を隠してくれるので紫外線に当たる量を減らすことができます。

 

また日傘は長傘タイプではなく折りたたみタイプの方が持ち運びしやすく、ふいの強い日差しに対応しやすいです。

 

持ち運ぶことを前提にするのであれば畳んだ際のサイズが小さくカバンに入るのか確認しましょう!

また重さも重要で、長時間持っていると意外と腕がだるくなってくるので軽いものを選ぶようにしましょう。

 

おすすめの日傘の形とは

  • カマボコ形
  • 折りたたみタイプ
  • 小さくて軽い

まとめとおすすめの日傘

日傘の選び方のポイントは

  • 生地の外側は白色で内側が黒色の日傘が紫外線対策と暑さ対策の面で有効
    ※UVカット性能が100%に近いことが条件
  • 遮光性能100%に近いものならば外側の生地色は白でなくてもOK
  • 紫外線対策のみで良いならばポリエステル100%が有効
  • 暑さ対策も兼ねるならば綿か麻の二重構造タイプな効果的
  • 日傘の形は身体が隠れやすいカマボコ形がおすすめ
  • 折りたたみ式でサイズが小さく軽いものがおすすめ

色々と条件をつけましたがこれらが揃ってる日傘を購入出来れば最高ですね!

しかし、意外と上記の項目が揃った日傘は専門店にでもいかないとありません。

 

ネット上だと色々と選べるはずなのでインターネットでの購入をおすすめします。

何点かおすすめの日傘を紹介するので、なんとなくイメージをした後は自分でお気に入りの日傘を探してみましょう♩

 

 

 

上記の傘なんかは色や形が揃っており価格もお手軽ですよね^^

デザインなんかもオシャレで涼しそうでいいですよね^^

実際注文しようと思っても注文が集中しているらしく難しいそうですが^^;

素材はポリエステルになっている為、熱を吸収しやすいですが外側が白色のものを選べばたいした問題ではないでしょう。

 

裏地も黒なので照り返し対策になっているのも高評価です♪

是非、こういった紫外線対策と暑さ対策にこだわった日傘を選ぶようにしましょうね^^

自宅に日傘か雨傘か分からないものがあるならば良い見分け方をまとめた記事がありますので、こちらも是非読んで下さいね^^

日傘と雨傘と兼用傘の違いと見分け方とは!代用できるの?

 

スポンサーリンク

-生活, 美容
-, ,

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。