生活 節約

暑さ対策で窓を100均のすだれやアルミシートで日除けを簡単手作り!電気代節約効果は?

更新日:

夏になると窓から熱い日差しが入ってきて暑くて仕方ありませんよね。

しかも日差しが入る事によって部屋の温度が高くなってしまい、より強い力でエアコンの稼動させることになってしまい結果、電気代が高くなってしまいます。

この記事では100均で購入したすだれやアルミシートで窓の日除けを簡単に手作りする方法をご紹介致します。

また日除けの効果でどれくらいの電気代が節約できるのか検証してみました。

 

暑さ対策で窓を100均のすだれやアルミシートで日除けを簡単手作り!

毎年夏になると暑さでエアコンはフル回転させるのですが、どうも電気代が高くついてしまいます。

 

エアコンをつけないと間違いなく自宅内で一家全員熱中症で全滅してしまいますので、仕方なくエアコンを使用しますが、やはり室外と室内の温度差が激しいとエアコンの電気代が高くなってしまいます。

 

どうにしかして電気代を節約しようと考えたところ、やはり室内の温度を少しでも減らそうという観点から窓の日除けを検討しました。

 

ネットで調べるとサンシェードやらオシャレな日除けがありますが、3,000円するものから5,000円したりと値段が高い!

 

節約しようとしているのに、こんなに高いと意味ないじゃん!オシャレよりもお金・お金・お金というタイプなのでまず却下(笑)

 

そうして悩みつつ知らず知らず気が付くといつの間にか聖地巡礼(ダイソー巡り)していました(笑)

 

聖地(ダイソー)である100均で購入したのは以下の商品です。

  • すだれ
  • アルミシート
  • 取り付け用フック
  • すだれ巻き上げ器

 

まずは「すだれ」を窓に取り付けるまでの流れをご紹介致します。

 

すだれの取り付け手順

まずは取り付けフックの出番です。

イラっとしたのはフックが2個欲しいのに単品で販売していた事です。こんなの普通2個いるんだから2個で100円にしてよと思ってしまいました(笑)

 

でこの2個のフックを使って窓に取り付けます。

 

上記の写真をみてもらうと2個の幅が違う事が分かるかと思います。

これは上部のねじを回す事で4.2cmまでの幅調節が可能です。

 

ちなみにこのフックの取り付け可能なサイズは奥行き1cm以下で幅は4.2cmまで重さは2kmまで耐えられるタフなフックになっております。

 

それではこのタフなフックを窓枠に取り付けたいと思います。

汚い窓枠で見苦しいですが、なんとか取り付けました。

ほぼ幅MAX状態だったので、サイズとしてはギリギリでした。

 

両方ついた状態としてはこの様なイメージとなります。

 

さて、ここにすだれをとりつけます。

ちなみにこのすだれは200円です…100円ではありませんので要注意です!

 

サイズは幅が88cmで長さが112cmのビッグサイズのすだれになっています。

 

それではすだれの上部のすきまにフックをうまく通しましょう。

通せば窓用の日除けすだれバージョンの完成です^^

 

個人的には見た目も悪くなく、むしろ和風な感じで素敵です♪笑

これなら完璧に窓から入る日差しをカットしてくれそうですね^^

通気性も非常に良いので窓を開けても風もしっかり入ってきますし、窓を全開にしても外から中を見られる心配もなくなりました。

 

メリットとしては

  • 日除け効果
  • 通気性の確保
  • プライバシーの保護

計400円で完成してしまいました。

しかも掛かった時間はわずか10分という簡単さ…女性でも簡単に出来ますよ^^

 

特に一人暮らしの女性はプライバシーと防犯の意味でも効果がありますので是非お試しでやってみて下さいね。

 

ちなみにすだれの巻き上げ器はつけてもつけなくてもどちらでも問題ありませんよ^^

巻き上げ器をつける場合の手順は以下の通りです。

 

まずは巻き上げ器のひもを広げましょう。

 

出来た円の中にすだれを入れます。

 

分かりにくいかもしれないので、イラストを追加しました。

 

次に巻き上げ器のフック部分をすだれの上部にとりつけましょう。

 

 

とりつけたら完成です。

あとはひもを引っ張れば巻き上げてくれるので自由に長さを調整出来ますよ^^

 

 

アルミシートの取り付け手順

次はアルミシートの取り付け手順です。

とはいえ方法はすだれとまったく同じ手順です。

アルミシートは車のフロントガラス用のものを使用しました。

 

はじめから空いている穴にフックを通しましょう^^

穴があいていない場合はハサミですぐに穴をあけれますので心配いりません。

 

ではセットします。

これがビフォーです。

 

これがアフターです(笑)

 

完全に覆っていますね…これなら窓を全開にしていても一切中をのぞくことはできませんね(笑)

外見的なデザインはかなりダサいので節約志向が強いタイプの方はすだれよりもこちらの方が熱を反射するのでおすすめです。

ただし、部屋でエアコンだけでなく、風もとりこむといった場合は通気性が悪いのですだれの方が良いかもしれませんね。

 

基本的にエアコンのみで過ごす場合は

アルミシートによる日除けが効果的です。

風通しをよくして過ごしたい場合は

すだれによる日除けの方が効果的です。

是非是非ご家庭に合わせて使い分けして頂ければと思います。

 

どちらの日除けも100均で簡単に購入できるものですし、作業時間も短く誰でも簡単に手作りできますよ^^

 

スポンサーリンク

窓の日除けは電気代節約効果はあるの?

それでは肝心の窓の日除けの効果についてです。

前述しましたが、日除けをする事によって部屋の温度を下げる事が可能です。

 

我が家も日中で試してみたいなところ、すだれとアルミシート両方とも約1度室内の温度を下げる事が出来ました。

 

「なんだ…たった1度か…」と思われるかもしれませんが、1度違うという事はエアコンの温度設定を1度上げても問題ないという事になります。

 

ちなみに設定温度を1度上げる事だけで、電気代を約10%減らすことが可能になります。

 

27度で運用している家庭が多いかと思いますが、28度にするだけでも年間の電気代を大きく削減出来ますよ。

 

詳しい計算方法等はエアコンの電気代を節約する正しい温度・風量についてで記載していますが、エアコンの設定温度を1度上げるだけでも月に約300円程度の節約に繋がります。

 

仮に4部屋でエアコンを使っていた場合、それぞれ日除け効果がある場合は合わせて月に1,200円の節約になります。

 

また夏のシーズンである6月~8月までの3か月間で考えた場合は約3,600円の節約になります。

 

この節約はたかが300円と思うのか300円もと思うのかは人それぞれですが、作業時間10分で元手400円ならほぼ1ヶ月で±0なので是非やるべきだと思いますよ^^

 

 

まとめ

窓の日除けに必要なものは

  • すだれ
  • アルミシート
  • 取り付け用フック
  • すだれ巻き上げ器
  • 基本的にエアコンのみで過ごす場合はアルミシートによる日除けが効果的
  • 風通しをよくして過ごしたい場合はすだれによる日除けが効果的
  • 窓の日除けを行う事によって室温が1度下がり月約300円程度の節約になる

 

窓の日除けを簡単にDIYする手順をご紹介させて頂きましたがいかがでしたか?

日除けによる節約でパフォーマンスが良いのは室外機の日除けやベランダの日除けが挙げられます。

こちらもすだれとアルミシートで簡単に日除けを手作りする手法を紹介していますので、更にエアコンの電気代を節約したい方は下記の記事を参考にして下さいね^^

室外機の日除けを100均で簡単DIY!すだれやアルミシートで自作 節電効果は?

ベランダの日除けを100均のすだれで簡単手作り!電気代節約効果を検証!

 

またエアコンによっては電気代を安く出来る除湿と逆に電気代が高くなってしまう除湿の見分け方についてもまとめいますので、こちらの記事も電気代節約の参考にして下さいね^^

エアコンの弱冷房除湿と再熱除湿の簡単な見分け方とは

それでは皆さん共に聖地巡礼(100均巡り)で元手を抑えて節約生活に励みましょう^^

 

スポンサーリンク

-生活, 節約
-

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。