生活 行事

浴衣デートで下駄が痛い 歩きやすい痛くない鼻緒ズレ対策と履き方

更新日:

浴衣を着て外へ出掛ける時って足元も浴衣に合わせる為、下駄を履きますよね?
でもこの下駄って履き慣れていないとすごく痛くなってきます。
この記事では痛くならない下駄の履き方をご紹介します。

スポンサーリンク

浴衣デートで下駄が痛くなる原因とは

夏になれば浴衣を着て下駄を履いて出掛ける機会が増えます。
デートの時なんかは浴衣姿で相手に喜んでもらいたい!と思って意気込んでいると下駄が痛くてデートを全然楽しめないというケースが多々見受けられます。

この下駄が痛い!というのは何が原因なのでしょうか?
実は下駄にある鼻緒の部分が足と擦れて痛くなっており、これを「鼻緒ズレ」といいます。

 

 

 

浴衣デートの下駄が歩きやすい足が痛くならない鼻緒対策とは

まず注意すべき点は鼻緒の部分をよく触ってみて下さい。
感触がゴワゴワしていませんか?

実は鼻緒の中身は大きく、麻紐・ボール紙・綿に分かれます。

綿だと鼻緒ズレが起きにくいのですが、ボール紙だとゴワゴワ感が強くなってきて現地についた頃には痛い!という現象が起こりがちです。

下駄を買う際に最も気をつけるのはこの鼻緒の部分の感触を確かめる必要があります。

可愛いデザインだけで決めるのではなく長時間履いても大丈夫と思える鼻緒選びが大切になりますよ。

 

また下駄はイベント当日に初めて履くというのはやめて下さい。
革靴が履くごとに足に馴染むと一緒で下駄も履く度に馴染みます。
何度か履いて慣らしてから本番が理想ですが、そんな時間がないという方も多いかとおもいます。

そんな人は鼻緒の部分をよく揉みほぐして下さい。
硬さがとれて柔らかくなってきますので、しっかりと揉みほぐしてから履く様にしましょう。

 

鼻緒選びの重要ポイント

  • 鼻緒の外見が膨れているか確認する
    ※綿がたっぷりと入って膨れているか?
  • 鼻緒を触ってゴワゴワ感がなく柔らかいか
  • イベント当日までに鼻緒部分をよく揉みほぐしておくこと

上記のポイントをおさえていれば鼻緒ズレする可能性は少なくなります。

 

スポンサーリンク

 

 

浴衣デートで下駄が痛くならないおすすめの履き方とは

鼻緒選びも足が痛くならない為に重要ですが、実は下駄の履き方も非常に大切です。

足の親指と人差し指の付け根を鼻緒のつけ根部分にぴったりと押し付けて歩く人が多いと思いますが、実は指の付け根にひっつけず2cmから3cmほど離して履く方が本来の下駄の履き方です。
足を下駄の奥まで押し込まない様にして履き、かかとが下駄から飛び出す様にして履きましょう。

最初に下駄を履いたとき、かかとが下駄からはみ出しているのが恥ずかしく、足がデカイと思われると思って、グイグイと足を奥まで入れて指の付け根が痛いという体験がありました。
でもかかとが下駄からはみ出すのが、本来の履き方ですので、あなたの足がデカイわけではありませんよ。
安心してはみ出して履きましょう!

 

 

 

まとめ

  • 下駄を足が痛くなる原因の多くは鼻緒ズレ
  • 鼻緒ズレ対策には鼻緒の中身が綿で構成されているか確認する
  • 購入した下駄はまず鼻緒を揉みほぐしてから本番に臨むこと
  • 下駄の正しい履き方は指と指の付け根が鼻緒に触れない様に2cmから3cm離して履き、かかとははみ出る様にする

下駄は鼻緒選びが重要です。
とはいえどうしても欲しいデザインの下駄だけど鼻緒部分が不安という方はしっかりと履きならして、揉みほぐしましょう。
また足が痛くならない様に事前に絆創膏を貼っておくなどの対策も有効ですよ。
せっかくの気分が台無しにならない様に事前準備を怠らない様に頑張りましょう!

スポンサーリンク

-生活, 行事
-

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。