生活 美容

夏太りやむくみの原因と対策 解消方法は食べ物や運動

更新日:

夏って暑くてよく汗をかくので太りにくい時期だと思っている人いませんか?
実は夏は太りやすく、むくみやすい時期なんです。
この記事では夏太りやむくみの原因と対策、また解消法についてまとめています。

スポンサーリンク

夏太りやむくみの原因と対策 解消方法は食べ物や運動

夏は暑くて汗をかくのでエネルギーを使ってる感がありますが、実は逆で冬のように身体を温める為の熱量を必要性としない為、基礎代謝が最も低くなる季節になります。

すなわち何もしなくても太りやすい時期ということです。

その他にも夏太りやむくみやすい人は意識せず太る行動をとっています。

 

アイスやジュースの摂取量が多い

夏場はアイスクリームやジュースの摂取量が増えやすい時期です。

製氷系のアイス(ガリガリ君など)はカロリーが少ないですが、乳脂肪が含まれるアイスは高カロリーです。

更に夏場はジュースを飲む量が増えるので余分なカロリーを摂取しがちです。

 

 

対策
夏場は冷たいアイスを食べたくなるので、乳脂肪系ではなく製氷系のアイスを中心に食べましょう。

ガリガリ君とかガッツリ夏みかんアイスなどがおすすめです。

また飲み物に関しては極力ジュースを控えて水、お茶などに置き換えてカロリーを取らない様にしましょう。

 

 

糖質中心の食事になっている

夏はカレー、そうめん、つけ麺、パスタなど炭水化物が多いメニューを食べたくなります。
麺系は簡単な作れるうえ、暑い時などは冷たい麺系の方が食べやすいということもあり摂取量が増えてしまいます。
意識せずに食べているとかなり高カロリーなメニューを摂ることになりますので注意が必要です。

 

対策
食べる前に今から摂取するカロリーがどれくらいになりそうなのかをチェックしてみましょう。
それをするだけで「晩は野菜だけにしようかな」と食欲にセーブがかかります。
食べ物には最も注意が必要です。

 

 

ビールとおつまみを摂取しすぎる

夏場のビールって本当においしいですよね。
でもビールもしっかりとカロリーがあります。
更にビールに合うおつまみはハイカロリーな食べ物が多く、ビールを飲む回数に応じて過剰なカロリーを摂取しがちです。

 

 

対策
ビールを飲まないのは辛いと思いますのでおつまみを低カロリーなものに変更するだけでもかなり変わりますよ。

おすすめの低カロリーおつまみ

  • 枝豆
  • 野菜スティック
  • 藻サラダ
  • 豆腐
  • キムチ
  • スルメ

これらは低カロリーですので、気軽に食べれますよ。

 

 

運動不足になりやすい

暑いと歩くのが嫌だな〜家でゴロゴロしてしまう方は多いと思います。
でもそうしていると運動量が減り、消費カロリーが少なくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

対策
夏だとプールで泳ぐことで大きくカロリーを消費出来ますので太りにくくなります。
運動するのが苦手な方は仕事帰り最寄駅の1つ前で降りて、1駅分歩いて消費カロリーを減らすのもありです。
歩く習慣をつけましょう。

 

 

クーラーに当たりすぎ

長時間クーラーが効いた部屋にいると身体が冷えて血行が悪くなります。
そうなると脂肪が燃焼しにくくなりますので、余計に痩せにくい身体になってしまいます。

またクーラーに当たり過ぎると自律神経が乱れてしまい、ホルモンバランスが崩れ生理不順や生理痛の引き金になります。

冷房病(クーラー病)とは?症状と対策について

 

対策
クーラーの使用する時間は少なくしたり、お風呂はシャワーで済ませるのではなくしっかり湯船に入り血行を良くしましょう。
これだけでも脂肪を燃焼しやすくなります。

 

 

 

まとめ

  • アイスやジュースの摂取量を減らす
  • 糖質中心の食事を見直す
  • ビールとおつまみの種類を変えてみる
  • 毎日軽い運動を行う
  • クーラーに当たらない時間も作る

夏は基礎代謝が落ちる上、ハイカロリーな食べ物を摂取しがちです。
薄着になる夏に太ってしまうと体型を隠すのが難しくなってしまうので太らない意識をしましょう^^

スポンサーリンク

-生活, 美容
-

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。