子育て

赤ちゃんの暑さ対策 夏のベビーカー移動におすすめの100均アイテムのまとめ

投稿日:

毎年、夏になると暑さから脱水症状や熱中症になる人が大勢います。
特に赤ちゃんの場合、猛暑日は非常に危険ですよね。
ここでは自宅で出来る赤ちゃんの暑さ対策やベビーカー、抱っこ紐での移動の際に出来る暑さ対策を100均アイテムを用いて紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの暑さ対策について

赤ちゃんや幼い子供は大人と比べて暑さに弱いです。
簡単にいうと大人よりも体温が高い上、身体が熱しやすい特徴があるからです。

詳しくは子供の体温が上がりやすい理由についてを参照

 

その為、大人以上に暑さ対策に気をつかう必要があります。

それでは家にいるときはどの様な工夫をして暑さ対策する必要があるのでしょうか?

 

エアコンで温度調整をする

てっとり早く暑さ対策を行うにはエアコンによる室内の温度調整です。
夏場は意外と湿度が高いので冷房で28度の運転をするよりも除湿の方が効果的です。

ただし、暑い外から帰ってきていきなりエアコンで涼しくすると赤ちゃんがかいた汗のせいで余計に身体を冷やしてしまい風邪をひいてしまう可能性があります。
必ず汗を拭き取ってから、エアコンを使用しましょう。

 

扇風機を使う

 

エアコンの冷気は下の方にたまりやすい性質がある為、我々大人は暑くても床に寝かせている赤ちゃんは快適だったりする可能性があります。
暑いから温度をガンガン下げてしまうと赤ちゃんが寒いと感じてしまうので、扇風機も併用して冷気を上空に巻き上げる様にしましょう。

 

布団は薄いものを使用する

夏場の布団は薄いものをタオルケットを何枚か重ねて体温を調節してあげましょう。
汗をかいている様ならば掛けているタオルケットを1枚とるなどして様子に合わせてタオルケットの上掛けしている枚数を調整してあげると簡単ですよ。

 

服は吸収性の良い綿にする

基本的に赤ちゃんはすぐに汗をかいてしまいます。
汗は皮膚表面で蒸発する際に熱を奪って体温のコントロールを行います。
ただし、赤ちゃんや子供は熱しやすく、冷めやすい特徴がある為、汗が皮膚表面で蒸発しすぎると身体が冷えすぎてしまう可能性があります。
その為、吸収性の良い綿素材の服を着せて寝かせる様にしましょう。
特に背中や脇は汗をかきやすい場所なので、定期的に汗をふいてあげる時間や余裕がないのであれば、服の生地で対策しましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの暑さ対策 ベビーカー移動で必要な100均おすすめアイテムとは

赤ちゃんがいるとベビーカーでの移動が多くなると思いますが、ベビーカーの中は熱がこもりやすく、外気温が35度なら中は40度近い温度になっていることが多いです。
40度のベビーカー内に長時間乗せて移動するのは大変危険なので、極力安い100均グッズで暑さ対策になる商品をまとめてみました。

 

赤ちゃん用クッション

赤ちゃんの頭や背中に敷くクッションですが、中に保冷剤を入れられる様になっています。
特に背中や頭は汗をかきやすいので、体温を下げるにはもってこいの商品です。
中の保冷剤はケーキなどを購入した際にもらえる保冷剤を捨てずにとっておくとわざわざ買う必要もなく節約になりますよ!

 

ミニ扇風機

熱がこもりやすいベビーカーに取り付ける事でベビーカー内の温度上昇を抑止します。
ベビーカー内は外気温よりも高いので有効なアイテムです。
またミニ扇風機なら赤ちゃんが指を入れてケガをすることもないので安心ですよ。

 

照り返し防止シート

ベビーカーは地面に照り返された太陽光の影響で背中からお尻にかけての部分が
非常に暑くなります。
この照り返し防止シートは通販だと1000円程度で購入出来ますが、100均で販売している車の遮熱アルミシートを少し加工すれば使えます。
単純にベビーカーの背中にアルミシートを当てて紐で結びつけるだけで簡単に取り付け可能です。
この対策をすることでベビーカー内の温度を大きく下げることが出来ますので、是非実践しましょう。

 

 

まとめ

100均のものでも十分に赤ちゃんの暑さ対策に繋がり、節約も出来るので非常にお得ですね。

赤ちゃんは暑さに弱いのでしっかり温度には気をつけてあげましょうね。

スポンサーリンク

-子育て
-,

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。