生活 節約

エアコンと扇風機を併用させる置き方で電気代節約!2部屋同時冷やすテクと節電効果とは

更新日:

エアコンと扇風機を併用すると電気代を節約出来るってよくききませんか?

いざやってみようと思っても扇風機を効果的な位置に置かないと何の意味もありません。

ここでは誰でも簡単にエアコンと扇風機を併用させて節電する方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

エアコンと扇風機を併用させる置き方で電気代節約!

もし、風向きを下向きにしているのであればそれは電気代を無駄にしている可能性が高いですよ!

 

その理由としては冷たい空気は足元に溜まりやすく暖かい空気は上へ溜まりやすいのです。

 

つまりエアコンを下向きに送風していると部屋中を冷やしているのではなく、足元だけを冷やしていることになります。

エアコンの冷風の恩恵をほとんど受けないので、無駄に温度を下げてしまい電気代が掛かってしまうのです。

 

 

 

おまけに女性は足元だけ冷えるのでつま先が冷たくなり、健康に支障が出てしまいます。

ではどの様に扇風機を使って効率よくエアコンを稼動させられるのでしょうか。

 

 

エアコンの送風を水平にする

扇風機を併用する前にエアコンの冷風は水平にしましょう。

エアコンの冷風が下に溜まるのであれば冷風を水平にすれば部屋全体を冷やすことが出来ますよね。

 

もちろん時間がたてば下に降りていくのですが、まずは水平送風は基本中の基本なのですぐに設定しましょう。

 

 

扇風機を上向きにして稼動させる

扇風機の使い方とはつまり足元に溜まった冷気を扇風機で上に押し出してやる役割を担います。

こうすることで足元の冷風が上昇します。

常に扇風機を上向きにしていると冷気が循環するので部屋全体が均等に冷やされるので体感温度がグンと下がります。

 

 

扇風機は首振りで稼動させる

扇風機を単純に上向きにしているだけでは効果は低いです。

エアコンを中心にして扇風機をセンターに配置して首振りしましょう。

エアコンの冷風が扇風機により攪拌され部屋全体を冷やしてくれます。

扇風機を置く距離についてはなるべくエアコンと正反対の場所におくとより効果的です。

 

これだけでもかなりの節電効果を感じるかと思いますが、更に裏技としてはエアコンをつけている隣の部屋まで冷風を送り2部屋同時に冷やすウルトラテクがあります。

 

 

 

エアコンと扇風機で2部屋を同時に冷やす方法とは

これは上記扇風機の置き方の発展型になる使い方になります。

 

例えば隣の部屋を冷やしたいと考える場合はその部屋の方向に扇風機を配置させて強風により風を送ります。

 

実はわたしの家では室外機の問題で和室にエアコンを設置出来ません。

その為、就寝時にはリビングのエアコンの風を90度曲げる様に扇風機を設置して和室に飛ばしています。

 

しかも和室にはその冷気を再び循環させる為、もう1台扇風機を設置しています。

 

もちろんリビングより効果は薄くなってしまいますが、それでもかなりの冷気を感じますのでエアコンがない隣の部屋を冷やす技としては有効なので参考にして頂ければと思います。

 

 

 

エアコンと扇風機の併用による電気代の節電効果ってどれくらい?

エアコンと扇風機の併用すると体感温度は2度くらい変わると言われています。

実際に我が家でも実行すると体感的に2度変わったので26度で運転していたものを28度に変更しました。

ちなみに電気代は1度温度の設定を弱めると10%近い節電効果があるようです。

今回は2度温度を下げることは出来たので20%近い節電効果があると仮定します。

※環境によって効果は変わると思うので簡易的なパーセンテージです。

 

 

サンプルとして一般的な消費電力600Wのエアコンと、東京電力の従量電灯Bプラン1kwh当たり19.52円で計算します。

0.6×19.52=11.71円

上記の計算から1時間当たり11.71円の電気代となることが分かりました。

 

では1日に10時間稼動させると仮定した場合は1日に117円かかるわけです。

 

これを月計算すると117円×30日だとすると月額3,500円がエアコンだけの電気代になるわけです。

 

ここから20%の節電効果が見込めた場合は何と月額700円の節電効果があるわけです。

 

 

まとめ

エアコンと扇風機の併用で節電する方法

  • エアコンの送風を水平にする
  • 扇風機を上向きにして稼動させる
  • 扇風機は首振りで稼動させる

 

2部屋を同時に冷やす方法とは

  • 隣の部屋に向けて扇風機を配置して強風にする

 

電気代はいくら安くなるの?

  • 環境と電力契約プランによるが月額700円程度

 

エアコンと扇風機を併用することでかなり節電効果が見込めることを理解して頂けたでしょうか。

実行することで毎月お得になりますので是非実践してみましょう。

節電という観点ではエアコンのフィン掃除も非常に有効です。

また室外機の日よけに関しても自作で高い節電効果がありますのでおすすめです。

エアコンの電気代がかさむ時期だからこそ節電対策に取り組むべきですよ!

スポンサーリンク

-生活, 節約
-

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。