生活 美容

紫外線の対策になる帽子の効果や選び方とおすすめ品の紹介 

更新日:

夏場の外出で気を付けないといけないのは紫外線です。
紫外線を浴びる事によってお肌の老化に繋がってしまう為、極力浴びない対策が必要です。
この記事では紫外線対策となる帽子の効果や選び方、またおすすめの帽子をご紹介します。

スポンサーリンク

紫外線対策となる帽子の効果

帽子を被る事により空から降り注ぐ紫外線をある程度防ぐ事が出来ます。
紫外線を浴びてしまうとお肌のシミやシワやたるみに繋がってしまう為、これを防ぐ事が帽子を被る効果となります。

とはいえ、あくまでも上から降り注ぐ紫外線は防げても、反射や散乱による紫外線は帽子では防げません。
その為、日焼け止めクリームを併用して塗る事も非常に大切です。

しかし、帽子を被る事によって少しでも紫外線から身を守る事に繋がりますし、長期間帽子を被り続けた場合と被らなかった場合ではお肌の老化に間違いなく差が出るかと思われますので極力帽子は被りましょう。

 

紫外線対策となる帽子の選び方

紫外線対策となる帽子とはどんなものでしょうか?

大切なのは「色」と「ツバの広さ」になります。

 

紫外線対策に有効な色

数多く存在する色の中で最も紫外線を遮断してくれる色はで、紫外線遮断率は約9割と非常に高い数値になっています。
また黒以外にも紫外線対策に有効な色は紺や青等があります。
ちなみに白色では紫外線カット率は5割以下となっていますので、紫外線対策を意識するのであれば有効な色ではありません。

ただし、上記はUVカット機能を持ち合わせていない帽子の場合です。
UVカット性能のある帽子の場合は色はほぼ関係ありませんので、自由な色を選択する事が可能になります。

個人的にはUVカット機能100%の白い帽子をおすすめします。
白だと熱を反射してくれるので涼しいうえ、紫外線もカットしてくれるので怖いものなしです^^

 

紫外線対策に有効なツバの広さ

実は帽子のツバは紫外線対策に非常に重要で、ツバが広いほど紫外線のカット率を高めてくれます。
実際には6cm以上の広さがあれば紫外線を相当量カットしてくれますので目安にして下さいね。

 

紫外線対策に有効な生地

目の粗い生地は光を通しやすい為、目の細かい帽子を選ぶ方がより紫外線対策として有効になります。

麦わら帽子は日よけという意味では優秀ですが、紫外線対策として目が粗い為あまり向いていません。

紫外線対策という意味では目が細かい帽子を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

 

紫外線対策となる帽子でおすすめのものは

紫外線対策におすすめ出来る以下の帽子をご紹介したいと思います。
ツバの広さが8.5cmと紫外線対策には非常に優秀で、紫外線カット率100%と最高性能となっています。
またデザインもシンプルで可愛いうえ、すっぽりと被る事によって小顔効果が高まる点も優秀です^^
デザインも性能も優れているのに、お値段も安いのでかなりおすすめ出来ますよ。
地味に近くのコンビニやスーパーでちょっとした買い物にいく際、ノーメイクにこの帽子を被って誤魔化してたり出来る点も非常に助かっています(笑)
紫外線対策だけではなく、すっぽりと顔を隠せる帽子を1つ持っていると何かと重宝する点もオススメできます。
※ちなみに「UPF」とはオーストラリア規格の紫外線帽子指数の事を指します。
UPFは「50+」が最高値となります♪

 

 

 

まとめ

  • 帽子を被る事によって降り注ぐ紫外線をカット出来る
  • UVカット機能がない場合、帽子の色は「黒」等の濃い色の方が紫外線カット率が高い
  • UVカット機能があれば色による紫外線カット率はほぼ変わらない
  • UVカット機能+「白」の帽子ならば日光も紫外線もカット出来る
  • ツバが長いほど紫外線をカット出来る、目安は6cm以上

帽子は紫外線対策に有効である事は間違いありませんが、帽子だけでは完璧な紫外線対策にならないのも事実です。

帽子の他にも日傘やサングラス、また日焼け止めクリーム等は紫外線対策としては非常に重要になります。
しっかりと対策してお肌を老化から守りましょう^^

また日焼けしてしまった後は肌のアフターケアも重要になりますよ。
アフターケアについては以下の記事にまとめていますので、宜しければ見てくださいね^^

紫外線の悪影響とはアフターケアと対策について

スポンサーリンク

-生活, 美容
-,

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。