イベント 遊び

ねぶた祭り花火大会の観覧席購入方法やおすすめの席は?

更新日:

ねぶた祭りの最終日となる8月7日(火)は花火大会が開催されます。

海上のねぶた運行が楽しめる上、花火も楽しめるので最終日も人気があります。

特に有料観覧席のチケットは早期に売り切れてしまいますので、どこの席にするか悩んでいる間に買えなくなったというケースがよくあります。

そうならない為にも、2018年のねぶた祭り花火大会の有料観覧席チケットの購入方法やおすすめの席をご紹介します。

スポンサーリンク

ねぶた祭り2018花火大会の有料観覧席チケットの購入方法は?

2018年のねぶた祭り花火大会は8月7日(火)の19:15~21:00の予定となっています。

※8月7日の天候が悪く中止になった場合は翌8日(水)の同時刻へ延期となります。

 

この花火大会の有料観覧席のチケット購入に関しては7月8日(日)から購入開始です。

とはいえ初日である7月8日(日)は地元である青森市でしか購入出来ないので実質は7月9日(月)から購入開始になります。

 

以降はローソンチケット、大会ホームページなどのインターネットを通して購入出来ます。

 

なお3歳以下のお子様をお連れの場合は膝の上で見せるのであればチケットは必要ないので無料です。
ずっと膝の上はしんどいから子供用の観覧席も欲しい場合は大人と同様の値段になりますので、注意して下さい。
いわゆる子供料金ってものがありませんので。

 

 

ねぶた祭り2018花火大会の有料観覧席の価格やおすすめの場所は

どうせ遠方からねぶた祭りの花火大会を見に行くのであれば、ねぶたの海上運行も鑑賞しつつ、花火の迫力も楽しみたいですよね?

ではどこの有料観覧席が1番おすすめなのでしょうか?

 

まずは下の会場見取り図を見て下さい。
こちらは最新である2018年版の見取り図です。

出典:青森花火大会実行委員会  http://aomorihanabitaikai.jp/seat.html

 

 

見取り図から有料観覧席についてまとめてみました。

 

有料観覧席の種類

有料観覧席にはA席、B席、C席といった種類が存在します。

A席
値段:4,000円

A席は青森港が目の前にある席で、尚且つ中央の席になりますので、ねぶた海上運行も花火大会が最も楽しめる席になります。

 

B席
値段:3,500円

B席は青森港の目の前ですが、両端に位置する席なのでねぶた海上運行が近くまで時間がかかったり、遠くへ行ってしまうと楽しめなくなるなどA席と比べれば少し楽しめる度合いは劣ります。
とはいえ十分にねぶた海上運行と花火が楽しめます。

 

C席
値段:2,000円

C席はA席やB席の後列に位置しますので、ねぶた海上運行はあまり見えないのが欠点です。
花火はA席やB席と変わらず楽しめるので、花火をメインに楽しみたいのであれば値段も安いC席がおすすめです。

 

鑑賞スポット

鑑賞するスポットも青い海公園・青い海公園西側・新中央埠頭共通の3つに分かれています。

 

その中でも個人的なおすすめスポットは「青い海公園」になります。

出典:青森花火大会実行委員会  http://aomorihanabitaikai.jp/seat.html

 

なぜならねぶた海上運行ルートの真ん中に位置するスポットになるので、ねぶたを目で追いやすいというメリットがあります。

 

ここまでの内容をまとめるとねぶた運行と花火の両方を最高に楽しむには「青い海公園」のスポットの「A席」に座るのが最も楽しめます。

 

 

ただし、A席の中でもブロックが分かれています。

ブロックによってはA席の中でも後方になってしまうものがありますので、ここではA席の中でもおすすめのブロックをまとめてみました。

 

青い海公園のA席でおすすめのブロックは

あ、い、う、え、お、か、け、こ、さ、し
になります。

 

上記ブロックはA席の中でも最前列に位置する為、A席の中でも特等席になります。

もっといえば「え」はど真ん中に位置する為、最も人気の席になるかとおもいます。
後方すぐにトイレがあるのも地味に助かります。

出典:青森花火大会実行委員会  http://aomorihanabitaikai.jp/seat.html

 

ここまでの内容をまとめると
青い海公園のスポットでA席の「え」ブロックが最もねぶた祭り花火大会を楽しめる場所になります。

 

ちなみにこの「え」ブロックの中でも多くの席に分かれています。

添付の図を見てもらえると分かりますが、「え」ブロックは460席用意されています。

出典:青森花火大会実行委員会  http://aomorihanabitaikai.jp/seat.html

 

その中でも勝ち組みは最前列の37席となります。

特に181~190番に座れるのならば有料観覧席何万席ある中のトップと思って良いでしょう。

 


出典:青森花火大会実行委員会  http://aomorihanabitaikai.jp/seat.html

 

少なくとも「え」ブロックにさえ座れれば十分に迫力あるねぶた海上運行と花火大会が楽しめるのは間違いありません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

2018年の青森ねぶた祭り花火大会が最も楽しめる有料観覧席は

青い海公園スポット


A席


「え」ブロック


181~190番

 

インターネット受付は7月9日(月)から開始なので、初日に上記の勝ち組みスポットをゲットしてみて下さい。

おそらく開始直後の10時ジャストを狙わないと良い席は取れないのでチャレンジして下さい!
開始10分で「え」ブロックどころかA席B席が埋まるくらいの勢いなので、覚悟してチケットを取るようにして下さい。
少しでも迷うとみるみる席がなくなりますので、確実にどこの席にするか事前に決めてから迅速で席を押さえましょう!

 

通常のねぶた運行も有料観覧席で楽しみたい場合はねぶた祭りのおすすめ有料観覧席についても参考にして下さいね^^

 

それでは皆さん最高のスポットで最高のねぶた祭り花火大会を楽しみましょう!

スポンサーリンク

-イベント, 遊び
-

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。