暮らし 生活

スポットクーラーの効果的な使い方は?メリットとデメリットのまとめ

投稿日:

出典:BIANCO スポットクーラー

もうすぐ夏なのに室外機を設置する場所がなくて困っていませんか?
そんな時におすすめなのはスポットクーラーです。
スポットクーラーって効果がないという話もよく聞きますが、特性を理解して使用すれば十分に部屋は涼しくなります。

ここではスポットクーラーの効果的な使い方をご紹介致します。

スポンサーリンク

スポットクーラーの効果的な使い方とは?

スポットクーラーを使っても部屋が冷えないという話をよくききます。

スポットクーラーで部屋全体を冷却できない理由は、スポットクーラー前方からは冷たい風が出ますが、後方からは排熱風が吹き出し、これが部屋の温度を上げてしまうからという内容が多いです。

 

室内に冷気と熱気が混じれば、それは部屋が冷えないのは当たり前です。

 

エアコンの室外機は外に排熱していますので、室内には冷たい風しかきません。
だから室内が冷えるのです。

 

ということはスポットクーラーもそうすればいいわけです。

スポットクーラーに付属されている排熱ダクトと窓パネルを使って熱気を外に排出する事で通常のエアコンと同様に室内を冷やす事が出来ます。
※スポットクーラーの種類によっては窓パネルなどの付属品がついていないので要確認が必要。

 

何か難しく感じている人もいるかもしれませんが、手順は非常に簡単です。
窓にパネルをはめ込み、パネルの排出口に排熱ダクトを挿入して終わりです。

 

 

スポットクーラーのメリットとデメリットとは

室外機の設置場所がないからスポットクーラーの購入を検討されている方にメリットとデメリットをまとめてみました。

 

スポットクーラーのメリット

室外機を設置出来ない部屋にも使用できる

1番のメリットはこれに限るかと思います。
室外機付きのエアコンを設置出来る環境ならばまずスポットクーラーを買おうとはならないかと思います。
しかし、意外にも室外機を置けない部屋は多く、スポットクーラーや窓用エアコンを使用している家は多いです。

 

しっかりと部屋が冷える

当然ですがスポットクーラーも通常のエアコンと同様にしっかり冷えます。
よく勘違いされるのが、冷風扇です。
こちらはそもそもスポットクーラーとは構造が違います。
冷風扇は水が蒸発する性質を利用して冷風を出すもので、部屋全体を冷やすものではなく扇風機に近いものです。
スポットクーラーはエアコンの室内機と室外機が合体したようなもので、性能は通常のエアコンと大きく変わりませんので安心です。

 

工事する必要がない

エアコンを購入しても設置工事をしてもらわないと使用出来ませんが、スポットクーラーは自分で簡単に取り付けることが出来ます。
女性の方でもドライバー1本あれば30分程度で取り付けられます。
工事する際は下見に来たり、工事したりとスケジュール調整が面倒だったり費用もかかってしまいます。
その工事をしなくて済むのは地味にメリットだと思いますよ。

 

自由に移動出来る
名前の通りスポットクーラーなので、移動した先のスポットまで持ち運び出来る点もメリットです。

窓パネルさえ外せば他の部屋でも使用出来るので重宝します。
ほんの一時的な時間だけ移動させたいだけならば、窓パネルを外さずに排熱ダクトだけ抜いて使えば面倒なことはありません。
移動先の窓から排熱ダクトだけ外へ出しておけば、それなりに室内は冷えます。

 

ここまではメリットをご紹介しましたが、デメリットも多くあります。

 

スポットクーラーのデメリット

値段が高い

通常のエアコンと比べればすごく安いイメージがありますが、値段は結構します。
おおよそ5万円近くしますので、通常のエアコンを買うのとたいして変わりません。

また同じ5万円の通常のエアコンと比べると性能は若干弱いです。
もちろん購入したスポットクーラーの性能によっても変わりますが一般的には劣る傾向にあります。

 

窓パネルから排熱する際は防犯面が心配

家庭用でスポットクーラーを使用する場合は大抵、窓パネルに排熱ダクトを通して熱気を排出します。
しかし、窓にパネルをはめた際にパネル部分の強度が弱く、窓とパネルに隙間が微妙にあったりと防犯面では心配が残ります。

 

水捨ての必要がある

エアコン内部では温度差による結露が発生し、その水はドレンホースを通って屋外に排出されますが、スポットエアコンの場合は本体に水が溜まります。
これをきちんと捨てないと運転できなくなってしまう為、日々のメンテナンスが必要になります。

 

音がうるさい
これは人によりますが、スポットクーラーの音がうるさいという話をよくききます。
大抵、就寝する際に音が気になって眠れないというケースが多いです。
こればかりは仕方ないので、嫌ならば諦めるしかありません。
ただ、慣れると全然気にならなくなったという人の方が多いので、大きな問題ではないのかもしれません。

 

電気代が高い
これも性能によってまちまちですが、通常のエアコンよりも電気代が高いと言われています。
もちろん使い方によっても大きく変わるので月いくら変わる?と言われれば難しいのですが、通常よりも比較的高くなってしまう可能性が高いと言えます。

 

邪魔になる
スポットクーラーといえど、室内に置いていると地味に大きく邪魔に感じてしまいます。
部屋が狭いとより顕著に邪魔感がでてしまいますので、元々のお部屋の広さや設置する場合はどこに置くのが室内のスペースと相談する必要があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

スポットクーラーは窓パネルから排熱する事で十分冷却効果が見込める。

 

メリット

  • 室外機を置かなくてよい
  • しっかりと冷える
  • 移動出来る
  • 工事がいらない

 

デメリット

  • 値段が高い
  • 防犯面が心配
  • 水捨てのメンテナンスが面倒
  • 電気代が高い
  • 邪魔になる

スポットクーラーの使い方やメリットとデメリットをまとめましたが、いかがでしたか?

やはりスポットクーラーではなく、他の方法でエアコンを設置したい場合は室外機の設置場所が狭い、高所設置の場合についてを参考にして下さい。

また壁掛けも検討している場合には壁掛けについての注意点やデメリットもまとめていますよ^^

 

室外機の設置場所がなく困っている方は是非この記事を参考してスポットクーラー購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

-暮らし, 生活
-

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。