病気

熱中症になった子供の症状は発熱や嘔吐 応急処置と予防対策について

更新日:

夏になると日差しが強くなり、気温も非常に高くなります。
そんな暑い日に子供が吐き気やだるさ、発熱などを訴えていませんか?
もしかしたら熱中症かもしれませんよ!
ここでは子供が熱中症になった際の症状や応急処置と対策についてまとめています。

スポンサーリンク

熱中症になった子供の症状って発熱や嘔吐したりするの?

熱中症は特に赤ちゃんや子供がなりやすく、その理由としては体温調整機能が未発達であることがあげられます。

 

通常、気温が高い場合は汗を出して気化し、体温を平常に保とうとしますが、子供はうまく出来ない為、大人と比べて熱中症になりやすい傾向にあります。

 

更に子供は大人と比べると身長が低い為、太陽光が地面に反射した熱の影響を受けやすい特徴があります。
大人だと地面からの照り返しは背がある分、影響は少ないのですが、子供だと地面に近くなるので影響が大きいです。

その為、真夏日にはアスファルトの様に照り返しの影響が大きい場所は極力歩かずに日陰を通る様にして下さい。

 

 

それでは熱中症になるとどんな症状が現れるのでしょうか?
ここでは重症度別に症状をまとめています。

 

軽度の熱中症

めまい

この状態は脳に十分な血流が行き届いていない状態です。
加えて呼吸回数の増加や動悸、唇の痺れといった症状が発生しやすくなります。
めまいは運動を終えた直後に発生しやすいので、子供にはめまいが起きた場合の対応策を事前に伝えておく必要があります。

 

筋肉痛

足のふくらはぎがつる「こむら返り」の状態になる場合があります。
発汗に伴い体内の塩分、ナトリウムの不足により筋肉の痙攣が始まります。
ただし、この段階では全身に痙攣が発生するわけではありません。

 

 

中度の熱中症

 

頭痛・吐き気・嘔吐・下痢・倦怠感

この段階になると一般的に認知されているような熱中症の症状が現れ出します。
なんだか身体がだるくなったり、頭痛や吐き気などがあります。
もし子供がぐったりしていた場合は、上記の様な症状がないか確認するようにしましょう。

 

 

重度の熱中症

 

意識障害・全身の痙攣・過呼吸

熱中症が重症化すると、意識障害や全身の痙攣が始まります。
呼びかけても、意識がおかしかったりしますので、あきらかに容態がおかしいことに気付きます。
また身体中が非常に熱く、42度を超えるような発熱を起こします。
この状態になると、急いで救急車を呼ぶ必要があります。

 

 

 

熱中症になった子供に対して応急処置とやるべきことについて

それでは子供が熱中症の症状が出た場合どの様に対処すれば良いのでしょうか。

 

涼しい場所へ移動する

近くのクーラーが効いた場所へ即座に移動しましょう。
屋外で近くにその様な施設がない場合は風通りのよい日陰へ移動し安静にしましょう。

 

衣服を脱がす

衣服をゆるめて、体の熱を外に排出しやすくしましょう。

 

身体を冷やす

保冷剤などの冷たいもので首筋に両側や足のつけ根といった太い動脈が通っている箇所をしっかりと冷やしましょう。
またしっかりと全身に冷たい風がいく様にうちわで仰ぐ、扇風機で冷たい風がいくようにしてあげましょう。

 

水分を補給する

汗で大量の塩分を排出してしまっているので、スポーツドリンクを飲ませましょう。
自動販売機で売っているスポーツドリンクでも構いませんが、理想はより早く身体に吸収出来るハイポトニック系の飲料がおすすめです。

ハイポトニック系飲料について

ただし、重症化している場合はちゃんと飲めない可能性がある為、無理矢理あげる必要はありません。
夏場はこれらのスポーツドリンクを冷蔵庫に入れて置き、子供が外出する際は水筒に入れてあげて飲ませると良いでしょう。

 

症状が軽症ならば上記の様な応急処置を施し安静にしていれば回復しますが、重症だと躊躇なく救急車を呼ぶようにして下さい。

 

スポンサーリンク

 

熱中症に子供がならない為の予防と対策について

上記で応急処置の方法を説明しましたが、そもそも予防と対策をしていれば熱中症になることはありません。
それでは予防や対策はどの様なことをすればいいのでしょうか?

 

水分をマメにとる

上記の応急処置でも触れましたが、まめにスポーツドリンクを飲ませてあげましょう。
汗によって体内のナトリウムが不足しているので、スポーツドリンクが最適です。

特に熱中症の症状が出ていないのであればポカリスエットやアクエリアスの様なスポーツドリンクで十分です。
子供が1人で遊びにいく時はしっかりとスポーツドリンクを飲む様に伝えて下さい。
喉が渇いてからではなく、マメに飲む習慣をつけることで有効な熱中症対策になります。

 

通気性を意識した服装にする

通気性の良い服を子供に着せてあげて下さい。
麻や綿などは通気性が良いのでユニクロなどで生地を意識して選んであげて下さい。

 

日差しを避ける

子供は背が低く太陽の照り返しに弱いと上記でお伝えしました。
その為、日差しは避けて日陰を歩くようにしましょう。
子供が1人で遊びにいく時もしっかりと意識する様に伝えてあげましょうね。

 

睡眠環境を整える

エアコン代が高いからって夜に稼働するのをケチってませんか?
暑いのを我慢して寝ると水分が失われ、寝ながら熱中症になりますよ。
快適な温度で眠る事で翌日の熱中症対策に繋がりますので、しっかりと睡眠環境を整えましょう。

電気代を節約する為にエアコンの温度を低くしない代わりに、扇風機も使って体感温度を下げる工夫をする事で電気代の節約にも繋がります。

 

 

 

まとめ

  • 子供は体温調整機能が未発達である上、背が低く太陽光の照り返しに弱く熱中症になりやすい
  • 熱中症は段階をおって症状が悪化する、重症化している場合はすぐ救急車を呼ぶ
  • 応急処置は水分補給、身体を冷やす、日差しを避ける事が有効
  • 予防はマメな水分補給、通気性の良い服装、睡眠環境を整える事が有効

 

我々大人だと夏日は自然と日陰を歩いたりするものですが、子供は遊びに夢中でそんなことは気にしません。
しっかりと親が熱中症について意識して、子供に伝えてあげる事が予防する上で重要になります。

またいざという時の為に、症状が出た際は即連絡してもらうとか周囲に助けを求めるなどのルールを事前に作っておくと、万が一の時に子供も対応出来ます。
熱中症は初期症状だと応急処置で対処できるので早期発見出来る工夫をしましょうね^^

スポンサーリンク

-病気
-

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。