生活 節約

室外機の風向調整板と日除けを段ボールとすだれで手作りして高い節電効果を狙う!

投稿日:

夏場になると日差しも強く、室外機から取り込む空気も暖かく冷やすのにより電気代が必要になってしまいます。

室外機に日除けをすることで室外機の負担を減らし、電気代を節約する事は可能ですが、室外機から排出される熱い空気を再び室外機が取り込むのは効率がよくないと思ったので、吐き出した熱い空気を再び取り込まない様に段ボールで風向調整板を自作しました。

 

この記事では風向調整板を段ボールで自作した上で、すだれで日除けするというWの節電効果を狙おうという記事です。

スポンサーリンク

室外機の風向調整板と日除けを段ボールとすだれで手作りして高い節電効果を狙う

エアコンの室外機は外気を吸い込み、室内機で風を冷やします。

その冷やした風を室内に送ることで部屋が涼しくなるという原理です。

その為、外気が暖かい空気だとそれだけ冷やすのに電気代を消費してしまうわけです。

 

そして不要な暖かい空気を室外機の正面から外へ排出するという流れになっています。

 

しかし、室外機が排出する暖かい空気を再び室外機が取り込んでしまうと、空気を冷やすのに余計な電気代がかかってしまいますよね。

 

広い空間に設置している室外機ならこの様な心配はいらないのですが、上記の写真の様に狭い空間に室外機を設置していると排出した暖かい空気を再度吸い込んでしまう為、シャットダウンする必要があります。

 

その為、段ボールで風向調整板を自作してみました^^

 

 

段ボールを室外機とベランダの間に押し込み空気を遮断しました。

これで排出した暖かい再度吸い込む割合はかなり軽減されたかと思います。

 

スポンサーリンク

これだけでも、ある程度の電気代が節約できるかと思いますが、これに日除けも組み合わせて更に電気代の節約効果を狙おうと思います。

 

これは100均で購入したすだれです(200円しましたが…)。

 

これを室外機の上に被せて日除けします。

 

これで風向きを調整しつつ、日除け効果も得る事が出来て高い節電効果を生みます。

また正面の暖かい風はベランダから外へ逃がす形に誘導しているので、もうベランダ内で籠ることもありません。

 

日除けだけならアルミシートでも問題ないのですが、段ボールで風をシャットダウンしていることから、横も上方も密閉してしまうと空気の循環が悪くなってしまいます。

 

その為、今回の日除けは通気性が高いすだれを選択しました。

 

室外機がベランダの様な狭い場所に設置されており、空気が籠りやすいであろう場所では有効な手段だと思います。

 

超簡単に出来る節電対策なので、不要な段ボールを置いてみてはいかがですか?

 

純粋に日除けだけを自作する場合はこちらの記事で詳細に説明していますので参考にして下さい^^

室外機の日除けを100均で簡単DIY!すだれやアルミシートで自作 節電効果は?

 

他にもベランダの日除けを自作する方法窓の日除けを自作する方法もまとめていますので、是非参考にして節電を目指しましょう^^

 

スポンサーリンク

-生活, 節約
-,

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。