生活 行事

運動会の撮影スマホのメリットデメリットまとめ!

更新日:

運動会の撮影はどの機材で撮影するか決めていますか?

スマホで撮影するのは周囲の人間に適当だと思われてしまうのではないか?

デジカメやビデオカメラで撮影する人が多いから、スマホでは撮影しにくいのでは?と考える方は大勢いるかと思います。

ここでは本当にスマホでは運動会の撮影に相応しくないのか?カメラは絶対に必要なのかを個人的な体験を元に説明させて頂きます。

スポンサーリンク

運動会の撮影はスマホでは駄目なの?カメラは必要?

子供の運動会をスマホで撮影したという話をしたらママ友や職場の人に「子供が可哀想だね」と言われた人っていませんか?

実際に運動会にいけばデジカメや一眼レフ、ビデオカメラなどで撮影している人が多いかと思います。

周囲でもスマホで撮影している人は少数で、なんだか浮いている感じで嫌だと思われるかといらっしゃるかと思います。

 

そもそもなぜスマホで撮影する人は少ないのでしょうか?性能が悪いからなのでしょうか?

ここではスマホのメリットとデメリットをご紹介します。

 

スマホのメリット

スマホで撮影するメリットはたくさんあります。

私はイベント毎は全てスマホで撮影するタイプなので、周囲の人間や何と言おうとスマホで撮影します。

ここでは私が実感しているメリットをまとめています。

 

使いやすさ

やはりスマホで撮影するメリットで大きいのは使いやすいという点です。

滅多に触らないデジカメやビデオカメラなどと違って頻繁に写真や動画を撮影したりする機会は多いので、使い慣れているので運動会本番でも慌てることなく撮影できる点はメリットです。

 

意外と多いが子供が登場するタイミングが分からなくて眺めていると、子供の番が急に回ってきた!慌ててビデオカメラを準備したけど変なボタンを押して撮影出来なかったというケースもよくききます。

 

しかし、使い慣れたスマホだとそんな事はならず即座に対応することができますよね^^

要は使い慣れていないデジカメやビデオカメラだとその場に応じた正しい操作が出来ない可能性があるので、事前に操作の予行練習が必要になりますが、スマホはそれが必要ないということです。

 

高画質・多機能

スマホだと何だか画質が悪そうと思われますが、いまどきのスマホは画素数や光感度などが優れておりデジカメと比べても遜色ない写真を撮ることが可能です。

また連射撮影といった機能もあるので、決定的瞬間を逃さず撮影する事が出来る点も魅力です。

 

動画も撮影することが出来るので、動きのあるリレー競争なども撮影する事が可能です。

しかも撮影した動画をスマホでコマ送りで再生し、最高の瞬間があればその画面をキャプチャーしてしまえば写真にすることも出来るので、非常に便利です。

私は基本的に全てムービーで撮影して、後でスマホ上で再生しコマ送りをしながら最高の瞬間を探してキャプチャ画像化しています。

※ちなみにiPhoneで画面キャプチャする方法は「ホームボタン」と「電源ボタン」の同時押しで今映っている画面を写真化する事が可能なので、もしご存知なかった方は試してみて下さいね^^

 

SNSへの展開が簡単

撮影したデータは即SNSにアップすることが出来るのでスマホならではのメリットです。

「LINE」や「Facebook」に「Instagram」と自分が使用しているSNSに即座にアップすることが出来るのも非常にメリットです。

データを即座に共有できるという点ではスマホ撮影に敵う機材はありませんね^^

 

データ移行が楽

意外と面倒なのがこのデータ移行です。

 

撮影したけどデータをパソコンに移行させようとおもったけど、なんだかいまいちやり方がわからないという方も大勢います。

 

「まぁ別にすぐに必要になるデータでもないから一旦そのままにして、次の撮影した時と合わせて一緒にデータ移行しよう」

で結局パソコンにデータを移さないまま長時間そのままにして、放置しているパターンです。

 

ひどい場合は何年間か放置して、その後間違えて内蔵データを消してしまい、過去の可愛い子供のデータが生涯見れなくなってしまうというパターンです。

※実際に私の両親はデータを放置したままにして、うやむやになって消してしまい昔は可愛かったという証拠を旦那や子供に証明出来ないハメになりました。

 

スマホだと携帯の充電器をパソコンにつなげば画像が勝手に出てくるので、機械オンチな方でもそこまで苦労せずにバックアップさせる事が可能です。

 

気軽に再生できる

これは私個人が1番のメリットだと感じる点ですが、子供の写真や動画などをふとした時に見たり、ママ友同士と見せ合ったりしたりと気軽に過去のデータを見ることが出来るのは地味なメリットだと思います。

 

ビデオカメラで撮影したデータだとすぐみたいと思ってもテレビと接続しないといけなかったりするので、面倒で自宅でいるときくらいしか見れませんよね。

スマホだと電車の中でも仕事の休憩時間でも好きな時に動画を見ることが出来るのでお勧めです^^

スポンサーリンク

スマホのデメリット

もちろんスマホにもデメリットがあります。

運動会や発表会などの大イベントでスマホを使わずにデジカメやビデオカメラで撮影する理由はここにあります。

 

ズームだと画質が極端に低下する

スマホ最大の弱点はズームが弱い点です。

デジカメと違って本体が薄いスマホは光学式のズームレンズを搭載することができません。

その為、デジタル的なズームの手法をとっているに過ぎない為、単純に画像を拡大しているだけに過ぎません。

 

その分、デジカメは光学式のズームレンズでキレイなズーム写真が撮影できるので、遠方から運動会の動画を撮影するのであればスマホはかなり不利になります。

 

手ブレ補正がない

デジカメやビデオカメラには優秀な手ブレ補正機能がある為、撮影になれていない方でもキレイに動画を撮影する事が可能です。

しかし、スマホで手ブレしてしまった場合はそのまま映像に反映されてしまう為、あとから見たら酔ってしまう様な動画になることもよくあります。

 

周囲に「子供が可哀想」という目で見られる

気にされない方だと問題ないのですが、朝早くから校門で待機して、最高の場所をキープして、三脚でガチ撮影する様な家族から見ればスマホで撮影していると「気合が入ってないな」とか「一生の記録に残るものなのに」という目で見られるかと思います。

実際に私はママ友に「子供の一生の記念だからスマホで撮影したら可哀想だよ」と注意された事があります。

 

「あんたの旦那の下手くそな撮影より私の脇を締めたブレない撮影方法の方がキレイだよ」と言い返したので私の様なタイプの人間だといいのですが、中には気にしてしまう人もいるかと思います。

そこは自分の信念を持ってスマホで撮影すればいいだけの話なので、周囲を気にしないことが1番です。

 

 

スマホのメリットとデメリットをまとめてみましたが、あなたならどちらで撮影しますか?

最高の状態で子供の運動会を撮影したいというのであれば、「静止画は一眼レフ」で「動画はビデオカメラ」をおすすめします^^

 

ある程度の撮影が出来れば良いとい方はスマホで撮影しても十分キレイに取れるので、わざわざ高価な機材を買う必要はないと思いますよ♪

 

ただし、スマホで撮影する場合はそれなりに技術が必要になりますので、「スマホでしっかりと撮影するぞ!」と思われた方だけ次の章を見て下さいね^^

 

まとめ

スマホのメリット

  • 使いやすさ
  • 高画質・多機能
  • SNSへの展開が簡単
  • データ移行が楽
  • 気軽に再生できる

 

スマホのデメリット

  • ズームだと画質が極端に低下する
  • 手ブレ補正がない
  • 周囲に「子供が可哀想」という目で見られる

 

いまどきのスマホは画質がキレイなのでデジカメと劣る部分はズーム機能と手ブレ防止機能です。

これさえ把握していればスマホでも十分キレイに子供の雄姿を撮影することが可能です。

スマホで撮影するメリットはたくさんありますので、是非スマホで上手に撮影する方法についてもご確認くださいね^^

運動会の撮影スマホの上手な撮り方と注意点は?ストーリー性をもたせるには

 

注意点としてスマホで撮影する際はバッテリー消費が激しいので予備のバッテリーを用意しておきましょうね。

他にも当日忘れ物をして困らないように持ち物チェックリストを作成しました。

必要があれば印刷出来るように作成していますので、気に入って頂けたならばご自由に印刷してご活用くださいね^^

運動会の持ち物リスト 小学生や幼稚園児の親が持参すべき便利グッズとは

 

他にも運動会関連の記事について触れているものがありますので、こちらも参考にして当日困らない様にしましょうね♪

運動会の場所取りでよくあるトラブル!回避する為のマナーやモラルについて

運動会の場所取りに使うペグや杭の使い方とその効果について

運動会の持ち物で赤ちゃんがいる場合に必要なものとは

運動会に祖父母はいつまで呼ぶ?迷惑だから呼ばない上手な断り方とは

 

スポンサーリンク

-生活, 行事
-

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。