おでかけスポット 遊び

アンデルセン公園のおすすめスポットで最高に楽しめるコースとは

更新日:

千葉県船橋市にある「ふなばしアンデルセン公園」は人気の遊びスポットで、県外の人も多く訪れる施設になっています。

また広さも東京ドーム8個分もあり、全ての施設を回ると閉園時間になってしまいます。
この記事ではアンデルセン公園を朝から閉園時間まで無駄なく楽しめる様におすすめのコースをご紹介します。

スポンサーリンク

アンデルセン公園のおすすめスポット 午前編

アンデルセン公園の営業時間は9:30~16:00(夏場の土日祝は17:00まで)となっており、最大でも6時間程度しか遊べません。

せっかく行くのであれば朝一番に行ってたくさん楽しみたいところですよね。
また朝一番に行くメリットとして駐車場の空きが必ずある点も魅力です。
日によって午後には駐車場が満車になる場合があるので、出来れば午前中には入場しましょう。

 

それでは午前中に回るべきおすすめのコースをご紹介します。

まずはわんぱく王国ゾーンで身体を動かしてみましょう^^

出典:ふなばしアンデルセン公園 https://www.park-funabashi.or.jp/and/index.htm

上記MAPのピンク色に塗られているゾーンがわんぱく王国ゾーンになります。

 

わんぱく王国ゾーンの大すべり台

アンデルセン公園のおすすめスポットの1つが大滑り台です。
非常に大きなこのすべり台は子供も大人も楽しめる施設です。

ちなみにこの大すべり台は人が多くなって来ると順番待ちになりますので、午前中の人が少ない時間帯に遊ぶ方が待ち時間なく時間を有効に活用出来ます。

 

混んでいるとこんな状態に…もはや並ぶ気が失せます…

午前中に行く事で上記の様な状況は回避出来ます。

また空いていると何度も待ち時間なくチャレンジ出来るので大すべり台を満喫出来ますよ。

 

 

わんぱく王国ゾーンのアスレチック

アンデルセン公園といえばアスレチックが有名かと思います。
その数は約100個くらいあり、様々なアスレチックで楽しむ事が出来ます。

またアスレチックも初級レベルから上級レベルまで分かれているので、小さなお子様から大人まで楽しめる様になっています。

 

ここでしっかりと運動しておくことで、ランチがより美味しくなりますよ。

 

 

わんぱく王国ゾーンのワンパクボール島

大すべり台の近くにはボールをトランポリン代わりにして遊べる施設があります。
こちらは子供しか遊ぶ事は出来ないので、保護者の方はお子様は見守りつつ休憩タイムです。

 

 

 

わんぱく王国ゾーンのにじの池&アルキメデスの泉

ここは水遊びが出来る施設になっています。
夏が近づくと池に入って遊ぶ子供がわんさかいるので、暑い時期に行く場合はお子様の水着を用意しておきましょう。

 

池に入らなくても水車やスクリューポンプなどで水遊びを楽しめますが、大抵服がびしょびしょになるので水着か着替えは必ず持参する様にしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

アンデルセン公園のおすすめスポット ランチタイム編

わんぱく王国ゾーンでしっかりと運動した後はランチの時間です。

アンデルセン公園はお弁当の持ち込みがOKなので日陰などにレジャーシートを敷いてピクニック気分を味わえます。
お弁当を持ってきてない場合は中の売店やレストランを利用する事になります。

 

 

 

アンデルセンドッグ

 

個人的におすすめする売店はボートハウス内にある「アンデルセンドッグ」です。

値段は450円と少々高めですが、パン生地のもちもち感とソーセージの肉厚に食べ応えを感じました!

 

 

 

レストランヘルメン

 

レストランを利用する場合のおすすめメニューは「デンマークランチ」「アンデルセンランチ」です。

 

どちらも850円ですが、デンマークランチはお肉がたっぷりのメニューになっており、アンデルセンランチはロールキャベツがおいしい女性向けメニューといった感じです。
麺類やカレーなどもありますが、せっかくなのでデンマークの食文化に触れても良いかと思います。

 

 

アンデルセン公園のおすすめスポット 午後編

ランチを食べ終わったら子ども美術館ゾーンへ移動しましょう。

出典:ふなばしアンデルセン公園 https://www.park-funabashi.or.jp/and/index.htm

上のMAPでいえば1番右下の黄色に塗られているゾーンになります。

 

 

 

こども美術館ゾーンの子どもアトリエコーナー&クラフトコーナー

 

ここでは様々な工作品を鑑賞する事が出来ます。

 

また500円払えば親子で工作品を作る事が出来ます。
工作品は木で作るものや陶芸品や織物、食べ物とジャンルは豊富にあります。

 

ただし、参加者が多い場合は待ち時間があったり材料切れで終了したりするのでランチが終われば極力すぐに向かいたいところです。

 

工作が終わればメルヘンの丘ゾーンでまったり読書タイムです。

出典:ふなばしアンデルセン公園 https://www.park-funabashi.or.jp/and/index.htm

メルヘンの丘ゾーンはMAP真ん中辺りの緑色に塗られているエリアになります。

 

 

 

メルヘンの丘ゾーンの童話館

 

ランチを食べ終わればデンマークの文化に触れられる「童話館」がおすすめです。

童話館では無料でデンマーク童話が読み放題ですし、服や食器に絵画などのデンマークの生活ぶりが分かるコーナーがあったりとのんびり楽しむ事が出来ます。

 

 

 

メルヘンの丘ゾーンで記念撮影

 

メルヘンの丘ゾーンは巨大な風車小屋があったり、キレイなお花が咲いていたりと記念撮影にぴったりなゾーンになっています。

 

特に若い女性はインスタ映えを狙ってか風車小屋前で撮影している人が多いように見受けらましたので、インスタをやっている方は是非記念撮影してみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

  • 午前はわんぱく王国ゾーンの大すべり台やアスレチック、にじの池がおすすめ
  • ランチはボートハウスのアンデルセンドッグかレストランヘルメンのデンマークランチorアンデルセンランチがおすすめ
  • 午後はメルヘンの丘ゾーンの童話館や子ども美術館ゾーンでのクラフトコーナーがおすすめ
  • 記念撮影は風車小屋前やお花の前がおすすめ

 

流れのおさらいをすると以下の様に施設を周ると混雑を避けれるかと思います。

おすすめのコース

大すべり台

アスレチック

にじの池・アルキメデスの泉

ランチ

子ども美術館

童話館

記念撮影

上記の流れだと混雑に巻き込まれる事なくおすすめスポットを周れると思うので時間を有効活用できストレスフリーで楽しめると思います。

このおすすめコースだと入場料以外は掛からないで楽しめる点もおすすめ出来る理由の1つです。

是非アンデルセン公園を満喫して良い思い出を作ってくださいね。

 

またローソンセブンイレブンファミマなどのコンビニでアンデルセン公園の入場割引チケットを簡単に買える手順など色々と得する情報をまとめていますので宜しければご参考にして下さい。

 

アンデルセン公園のおすすめの売店とランチをご紹介

アンデルセン公園幼児や子供が遊べるアスレチック大特集

アンデルセン公園の童話館や工作コーナーとインスタ映えポイントご紹介

スポンサーリンク

-おでかけスポット, 遊び
-

Copyright© あこママとブーのなんでも情報館 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。